毎週土曜日更新を心がけておりますが、遅れる場合もございます

2006年09月02日

1

20世紀もあと10年ほどで終わろうかというその年の春、私は中学生になった。
同じクラスに奇怪な容貌の男を見たあの印象を、私は今でもはっきりと覚えている。

私の入学したその中学校は、四国の片田舎にある小さな公立中学校で、全校生徒は500人足らず、1学年あたり5クラスで、私の学年は140人に満たない程度だったように記憶している。
生徒は近隣の5つの小学校から集められていた。

同じ小学校出身の者から、その男はタラと呼ばれていた。

出席簿を確認したところ、タラなどという名は確認できなかった。
席順からいって、2人いる藤田姓の内のどちらからしいことはわかった。
一方は名を一宏という。
それは、後年マスター・グンジとして勇名を馳せる男の名だ。
とするなら、もう一方がタラの名だったのだが、情けないことに私はそれを覚えていない。
藤田某(なにがし)というその男は、友人からタラと呼ばれており、私もタラと呼ぶようになったため、それ以外の呼称は無意味となった。
後年、深く関わりあいになるものが、クラスに2人もいたのは、無論ただの偶然だ。
運命、などというものを、ニヒリストの私が認めるわけにはいかない。

入学してからしばらく経ち、私もある程度タラと仲良くなった。
ある日、私は思い切って訊ねてみた。
「貴様、なぜタラと呼ばれておるのか?」
その瞬間、休み時間特有の騒がしい教室が、しん、と静まり返った。
こちらを見る者、あえて視線を外す者、小声でなにか囁きあう者・・・。
クラスの意識が、全て自分達に向いていることを感じ取り、私は地雷を踏んだことを悟った。
そのとき、とっさに口を開いたのは、そばにいた一宏だった。
「た、タラコ唇やきんなあ〜」(タラコ唇だからねえ〜)
非常に無理のある言い訳だったが、私はそれで納得することにした。
【関連する記事】
posted by ニヒリストHILAO at 07:26| Comment(0) | 死国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。