毎週土曜日更新を心がけておりますが、遅れる場合もございます

2007年09月29日

56

「最悪だ!ああもう、最低!」
誰に対するでもなく発せられた非難の声の後に、机が蹴飛ばされる音や、椅子が倒れる音、そこら辺にあったペットボトルや空き缶がカラカラと転がる音が続いた。
その音の方へ、メンバー達は決して目を向けないが、意識はやはりそちらに集中していた。
音の発生源は雄作だった。

雄作という男、ステージの上では典雅な雰囲気を発しているため、普段からも優雅で貴族的な生活を送っているに違いないと思っていたがとんでもない。
「ああ!チクショウ腹立つわぁ」
その日はライヴでの演奏が気に食わなかったらしく、終始机を蹴飛ばしていた。

「殿下、お帰りはどうなさいましょう?」
その日も雄作には1人の付き人が付いていた。
以前、WORLD DEFENSE LOVERSのワンマンライヴのときに付いていた男だった。
「うるせぇなぁ!さき帰ってろよバカヤロウ」
そういわれた男は、雄作の荷物をまとめだした。
一応荷物がまとまると、男はそれらを持って楽屋から出ようとした。
「おい!お前!なにやってんだよ?」
「は・・・?」
「ヴァイオリンだよヴァイオリン!なに勝手にさわってんだよ!」
「あ、これは、申し訳ございませんでした」
「それは置いていけよ自分で持つから!勝手なことしやがって。お前ホント殺すよ!?」
その瞬間、男の顔から一気に血の気が引いたのを、私は見逃さなかった。

付き人がヴァイオリン以外の荷物を持って楽屋を出たあと、私もそれに続いて楽屋を出た。
ライヴハウスを出たところから、トボトボと歩く付き人の後姿が見えたので、私は小走りで彼に追いつき、声を掛けた。
「ごくろうさん。大変だな」
「ああ、これはどうも」
「大丈夫か?顔が蒼いぞ?」
「・・・・」
「雄作に『殺すよ』といわれた瞬間一気に顔が青ざめたように見えたが」
「・・・・」
「・・・・まあ、言葉のアヤというヤツだろう。あまり気にするな」
「・・・・この国の人にはわからんのです。王族に死を宣告されることがどれほど怖ろしいことなのか・・・」
しばらく沈黙が続いたあと、男は一言、失礼しますといって足早に闇の中へ消えていった。

楽屋に戻ると雄作の機嫌はすでに直っているらしく、楽しそうにビールをあおっていた。
「おい雄作。貴様の付き人だが、殺すとか言われて随分ヘコんでおったぞ?」
「ええ?僕そんなこといいましたっけ?」
どうやら、やはり言葉のアヤだったようだ。


CDをリリースしてから数ヶ月が経った。
作品の評価はなかなかよかったが、それでも無名なインディーズバンドのCDが売れるほど、世情は甘くない。
相変わらず金のない私たちは、地道に活動するしかないのだが、それでも徐々にではあるが活動の幅を広げていかなくてはならない。
そこで、これまで大阪を中心に活動していたSIBERIAN-NEWSPAPERは、遂に東京へ進出することにした。

いよいよ東京での日取りも決まり、遠征に向けて準備をはじめたある日のこと、阿守の電話が鳴った。
ハジメからだった。
「すいません阿守さん!魔力が切れました・・・」
【関連する記事】
posted by ニヒリストHILAO at 10:59| Comment(2) | 組閣編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひぇぇ、あの雄作さんがぁぁぁ・・・
確かにパッと見は貴公子然としてらっしゃいますが、あの強い目力からしてただの「貴公子」ではないと思っていました(笑)
Posted by hifi at 2007年09月29日 13:28
実は泣く子も黙る鬼将軍ならぬ鬼王子なのです。
将来は即位して閻魔大王になるらしいですよ。
Posted by hilao at 2007年10月05日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。